映画館で観てほしい!
「マンチェスター・バイ・ザ・シー」

©️2016 K Films Manchester LLC. All Rights Reserved.

本年度アカデミー賞主演男優賞、脚本賞受賞!
マット・デイモンがプロデューサーを務め、「ギャング・オブ・ニューヨーク」の脚本でアカデミー賞、ゴールデン・グローブ賞にノミネートされた、ケネス・ロナーガンが監督・脚本を務めた珠玉の人間ドラマ。

5/13(土)から全国で公開されているこの作品を観て、これこそは「映画館で観るべき映画」だと思い至った。映画通からも「最近観たオススメ」として名高く、パトリックを演じ一気にスターに押し上げられたルーカス・ヘッジズへの注目度も高まっている今、劇場での上映を見逃さないでほしい。

<ストーリー>
アメリカ・ボストン郊外でアパートの便利屋として働くリー(ケイシー・アフレック)は、突然の兄の死をきっかけに故郷マンチェスター・バイ・ザ・シーに戻ってきた。兄の遺言で16歳の甥パトリック(ルーカス・ヘッジズ)の後見人となったリーは、2度と戻ることはないと思っていたこの町で、過去の悲劇と向き合わざるをえなくなる。なぜリーは心も涙も思い出もすべてこの町に残して出て行ったのか。なぜ誰にも心を開かず孤独に生きるのか。父を失ったパトリックと共に、リーは新たな一歩を踏み出すことができるのだろうか……?

©️2016 K Films Manchester LLC. All Rights Reserved.

この映画に表現される距離感は、とてもデリケートだ。
深く傷つき乗り越え難い体験から生じた、自身の繊細さと抗えない衝動の間で生き続ける姿を、強引に立ち入ることなく優しい眼差しで見守っている。

そこから浮かび上がってくる人の心の形はとても歪で、正円にはなり得ない。欠けたり穴が空いたりすれば、それぞれのやり方で癒していくけれど、誰にでも有効な方法もまたない。

そしてそういった出来事は誰の人生にも、予期せぬタイミングで起こり得るのだ。

©️2016 K Films Manchester LLC. All Rights Reserved.

リーと彼の元妻ランディ(ミシェル・ウィリアムズ)との過去に秘められたその後の人生を変えてしまう出来事にしてもそうだ。この映画で起こる予想だにしない悲しみや戸惑いは、私たちをスクリーン越しにでさえ揺さぶり、問いかける。

映画館でこそ体感できる、マンチェスター・バイ・ザ・シーに鳴り響く荒々しい波音、雪かきをする音や寒空を飛ぶカモメの鳴き声に耳を傾け、スクリーンいっぱいに広がる冬の景色に身を晒してみてほしい。それが、この映画体験を忘れられないものにしてくれるに違いない。

©️2016 K Films Manchester LLC. All Rights Reserved.

「マンチェスター・バイ・ザ・シー」
2017年5月13日(土)シネスイッチ銀座、新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国ロードショー
監督・脚本:ケネス・ロナーガン
出演:ケイシー・アフレック
   ミシェル・ウィリアムズ
   カイル・チャンドラー
   ルーカス・ヘッジズ
   カーラ・ヘイワード
上映時間:2016年/アメリカ/137分
配給:ビターズ・エンド/パルコ
公式HPhttp://manchesterbythesea.jp