「CRAFT SAKE WEEK at ROPPONGI HILLS 2020」開催
会場デザインを手がけるのは田根剛

東京・六本木ヒルズアリーナでは、2020年4月17日(金)から 4月29日(水・祝)まで、全国から選りすぐりの酒蔵が出店し、日本酒などの食文化をはじめとしたさまざまな日本の魅力を再発見できる「CRAFT SAKE WEEK at ROPPONGI HILLS 2020」が開催される。

このイベントは、中田英寿が率いるJAPAN CRAFT SAKE COMPANYが主催。2009年春から47都道府県を巡り、日本の文化・伝統・農業・ものづくりに直接触れてきた同氏が、日本が世界に誇る文化や技術を再発見できる場を提供するものだ。

▲中田英寿(右)と田根剛

5年目を迎える今回は、古来から日本で親しまれている「発酵」がテーマ。日本茶ブースや発酵食品エリアを展開、日本酒だけにとどまらず、日本古来の食文化を再発見できる場として拡大する。

会場デザインは、パリを中心に活動する建築家・田根剛が担当する。「古来より米と酒は日本の文化を支え祀ってきた」という想いのもと、田根は日本の風土が生み出す文化を表現するため、「Mass=枡」をコンセプトに決定。約6,000個の「一升枡」を使い、圧倒されるような量の枡が会場を包み込むことで、柔らかい木の表情と光が豊饒な空間を演出するという。

なお、参加蔵数は各日10蔵・計130蔵、レストラン数は15店の予定で、それぞれラインナップは後日発表されるそうだ。End

CRAFT SAKE WEEK at ROPPONGI HILLS 2020

会期
2020 年4月17日(金)~4月29 日(水・祝)
連日 12:00~21:00(L.O. 20:30)
会場
六本木ヒルズアリーナ
詳細
https://craftsakeweek.com/