建築倉庫ミュージアムにて「模型都市東京」展が開催
高山明が演劇的手法で東京のリアルな姿を提示

寺田倉庫が運営する建築倉庫ミュージアムは、2020年2月8日(土)から5月31日(日)まで、展示室Bにて企画展「模型都市東京」展を開催する。

同展は、演出家・アーティストである高山明(Port B)の企画によるもので、どこでも再現可能な形態でつくられた都市のインフラ/構成要素を「模型」として捉え、現在の東京のリアルな姿を浮かび上がらせる試みだ。

その演劇的手法によって、展示空間は日々生成変化する場となり、東京という都市に接続されていくという。また、この内容に合わせて、会期中何度でも再入場が可能だそうだ。

▲高山明 © 江森康之

高山は同展に向けて、「『模型』がなにかを模したものなら、『身振りの模倣』からはじまった演劇は模型と相性がいいはずだ。演劇の場合は、模倣がある型を獲得することで、つまり『模型』になることで、呪術から独立し、芸能になったと言われている」。

「別の言い方をすれば、演劇はそもそも模型であり、だからこそあらゆる場所で上演/再演することができるのである。上演/再演の場所は『舞台』と呼ばれてきたが、神社や劇場にある舞台の上には今や劣化した模型があるばかりで、活きのいい模型を探すなら街のなかに出て行った方がよい。そうした目で東京を眺めてみると、この街にはその場でしか成立しないオリジナルなものは少なく、模型に溢れていることに気づく」とコメント。

建築倉庫ミュージアムは建築模型に特化した保管・展示施設として、これまでさまざまな展覧会を開催してきたが、同展においてその新たな一面が見られるだろう。End

高山明/Port B「模型都市東京」展

会期
2020年2月8日(土)~5月31日(日)
※展示室B「模型都市東京」に限り、会期中何度でも再入場可能(初回入場時に渡すフリーパスを要提示)
開館時間
火~日  11:00~19:00(最終入館 18:00)
※月曜休館(祝日の場合、翌火曜休館)
会場
建築倉庫ミュージアム 展示室B
詳細
https://archi-depot.com/exhibition/akira-takayama_portb