江戸東京の伝統産業×現代アート「江戸東京リシンク」展が開催
舘鼻則孝がディレクション を担当

江戸東京の伝統に根差した技術や産品などを新しい視点から磨き上げ、世界へと発信していく「江戸東京きらりプロジェクト」は、伝統産業の価値や魅力を再定義する展覧会「江戸東京リシンク」を開催する。

期間は2020年3月5日(木)から3月8日(日)まで、会場は東京都文京区にある和敬塾 旧細川侯爵邸となっている。

▲組紐 龍工房

同展は、アーティスト・舘鼻則孝がディレクションを担当。同氏の創作活動のひとつである「リシンク」という概念を通じて、伝統産業の新たな魅力を引き出し、その奥深さや面白さを広めることで、江戸・東京が誇る伝統産業を次世代へと継承することを目指すという。

▲紋章上繪 京源

▲江戸木版画 高橋工房

期間中は同氏により表現された伝統産業の展示や、伊勢半本店による化粧体験、龍工房による組紐体験、京源による江戸時代の紙切り遊び「紋切形」体験、高橋工房による伝統技法による江戸木版画の体験など、伝統産業を実際に体験できるワークショップを実施。

さらに、伝統産業の歴史やバックグラウンドについて学ぶことができる資料も展示されるそうだ。End

江戸東京リシンク展

会期
2020年3月5日(木)~3月8日(日)
10:00~19:00(最終入場は閉館30分前)
会場
和敬塾 旧細川侯爵邸
詳細
https://edotokyokirari.jp/