自動収穫ロボットを開発するAGRIST
スマート農業を語るオンライン会議を開催

ピーマン自動収穫ロボット「L」を開発するベンチャー企業 AGRIST(アグリスト)は、スタートアップ経営者とエンジニアによる次世代の農業を語るオンラインイベント「農業×ロボット会議2021」を2021年10月29日(金)16時から開催する。

AGRISTは、AIを活用した農産物の自動収穫ロボットを開発する企業。農家が本当に使えるものを作るため、「安価でシンプルなロボット」を追求し、農家にとってもっとも大きな課題となっている「収穫の際の人手不足」を解決することに特化したロボットとなっている。

2019年にはピーマンの自動収穫ロボットの試作機を開発し、100%の精度を実証。2020年には国のスマート農業実証実験で6台のロボットを農研機構に販売した実績をもつ。2021年には宮崎県から全国に販路を拡大し、地方から世界の農業課題を解決する事業を手がけている。

今回のイベントでは、テクノロジーやスマート農業、スタートアップの現場について、アグリストの実践者が登壇。農家の平均年齢は67歳であり、農家の高齢化による農業の人手不足に正面から向き合い、開発されたピーマン自動収穫ロボット「L」についてエンジニアが徹底解説する。さらに、テクノロジーで農業課題を解決するアグリストが設立された経緯や今後の展開について経営陣が語る予定だ。End

オンラインイベント「農業×ロボット会議2021」

日時
2021年10月29日(金) 16:00~17:00
下記サイトより事前の申し込みが必要
形式
オンライン(視聴無料)
詳細
https://agri-robot-agrist.peatix.com/