生活のなかの賑やかさと孤独を記録
潮田登久子『マイハズバンド』刊行

様々な家庭の冷蔵庫を撮影した、写真集「冷蔵庫/ICE BOX」で知られる潮田登久子による写真集『マイハズバンド』が2022年1月下旬torch pressより刊行される。

刊行にあわせて、写真展「マイハズバンド/My Husband」が2022年1月26日〜3月12日まで、東京・港区 PGI GALLERYにて、同時開催されている。

潮田登久子は、石元泰博、大辻清司に師事し、その後、写真家の牛腸茂雄や児玉房子と親交を深め、刺激を与え合いながら、1975年頃から写真家としての活動をはじめた。潮田と、のちに夫となる写真家の島尾伸三は、大辻という共通の師を持つコミュニティーのなかにいたのだが、出会うまでに数年を要した。二人は娘を授かり1978年に結婚する。

娘のまほが産まれて間もない1979年の初め、3人は、憲政の神様といわれた尾崎行雄の旧居を移築した東京・豪徳寺の歴史的な洋館に移る。そこは「箱のような」二階の一室。この借家では、風呂もなくトイレが共同で、当初は冷蔵庫すらなかったそうだ。ここから妻になると同時に母となった潮田の、慌ただしくも充実した日々が始まる。

夫・島尾伸三と娘のまほ、洋館の一室で過ごした3人のにぎやかな日々と、静寂が訪れる夜の部屋でひとり向き合った孤独。6×6の正方形のフォーマットのBook 1、35mmのスナップを集めたBook 2の2冊組の写真集『マイハズバンド』にまとめられた。約40年眠っていた物語が今紐解かれる。End

書籍: マイハズバンド

定価
5,500円(税込)
仕様
240 x 190 mm/Book 1: 122P、上製本/Book 2:76P、並製本
出版社
torch press
テキスト
光田ゆり、長島有里枝
デザイン
須山悠里

展示: マイハズバンド/My Husband

開催期間
2022年1月26日〜3月12日
場所
PGI GALLERY
住所
106-0044 東京都港区東麻布2-3-4 TKBビル3F